FC2ブログ

意味の薄い防具?無限の湖編

皆さんこんにちわ~~
無限の湖を探ってみました!

rohan0207131545708.jpg

ステータス補正はやはり75がMAXの模様
モンスターレベルが200らしいので、それにならった補正値ですね。

ガントレット素材のモンスターは201、チュニック素材は202だと思うので、76などもあるのかもです

rohan0207133107577.jpg

スキル攻撃力は反復しましたが、やはり3%がMAXの模様ですね

rohan0207131629287.jpg

リサイクルで出る補正値のMAXは、やはり装備レベルである145にならったものです


うーん意味の薄い防具ですね・・・・・

1パーツで3%がMAXなのは、事前情報掴んでたんですが、もうちょっとなんとかならなかったのかな?

これだとMAXを合成しても12%にしかならないですよね。

開発元でパッチが組まれて、この数値が決められているのだと思いますが

この状況だと、新防具の価値がほとんどないということになると思います。

日本版の運営者さんは、開発元に対して数値を変更するような注文ができなかったのかな?力関係からできないのでしょうか。

このままだと、タウン戦足取り問題に苦しんでおられるプレイヤーに対し、
錬成(開催未定)で移動速度をつければ少しだけ部分的に解決するといった程度のものですよね。

それもその深淵の防具(移動速度50%増)をつけたプレイヤーは、超越オパ防具セットの人よりもPvP防御力が明確に低いため、二軍程度の扱いになってしまうというw

確認していませんが、マレアの神官や近衛兵などの天使の姿をしたモンスターが落とすのがチュニック素材
サーペント系統のモンスターなどが落とすのがガントレット素材だと思います。

無限

緑=ヘルメット
黄=ガントレット
赤=チュニック

です。

まだチュニックとガントレットのオプションを確認していませんが、
多分それぞれPvE攻撃力とPvP攻撃力だと思います。

未実装の部分を公開しますと
ランダムオプションは、

シールド=なし
レギンス=PvE防御力
ブーツ=PvP防御力

です。

このために、セット効果を参照した上でも、
ヒロイックコンバインチュニック、レギンスと組み合わせて使うことが想定されているのでは?と思います。

ヒロイックコンバインチュニック スキル防御力18%
ヒロイックコンバインレギンス スキル防御力18%
深淵のヘルメット  スキル攻撃力増強 MAX12%
深淵のガントレット PvP攻撃力増強 MAX12%
深淵のブーツ PvP防御力増強 MAXX12%

深淵の宝珠 PvP攻撃力20%、PvP防御力20%
またはディバインの方が上記装備には、より相性が良いかもしれません。この装備を入手して高強化値にする気は毛頭ないですけどね!

紅蓮のコスチューム(未到達) PvP攻撃力20%、PvP防御力20%

超越称号 PvP防御力10%

超越オパガーダー18=スキル防御力32%

合計数値は
PvP攻撃力 20+20+12=52%
PvP防御力 20+20+12+10=62%
スキル攻撃力=12%
スキル防御力=18+18+32=68%

ディバインならもうちょっと馴染みのいい数値になるかも?
でもPvP防御力と攻撃力が等価ではないですからね。

流石に来シーズンは力の戦場の階級章を変更するとは思います。変更しなければヤバいです。


狩りの事情について

気付いたんですが、大地の亀裂と無限の湖に共通していることですが、
近接職でも黄色エリアまでなら一般攻撃連打でもなんとかなる?かなと

モンスター配置の関係で寄ってくる上限数が決まっているので、吸収が追い付くので狩れる感じですね。
香炉オプションのついた武器であれば。

今、私が使っている武器は香炉オプションのものではなく、属性攻撃力オプションのものなので、
緑エリアしか狩れないです。

香炉は征服者50の10%のみで、
PvE防御力 6+10+20+30=66%で耐えています。

最後に

クイーンオディールシューズ闇の50足、作成完了しました。
あとは素材を揃えて錬成待ちなのかな?
スポンサーサイト



テーマ : R.O.H.A.N
ジャンル : オンラインゲーム

装備品オプションの研究

皆さんこんにちわ~

深淵の防具がついに実装されますね。(日本版での名称はオブシディアン防具ですね)

現在のガイザン地域「巨人の指紋」が、「無限の湖」(仮)に新生すると思います。

実装されてから実装内容を精査して記事書いてトラバしろと言われそうですが、

私も中々不安定な存在なので、実装後に同じ調子で書けるかはうたがわしいので、今日なんか調子がいいので、フライングで書かせていただきます。

無限の湖(仮)で産出するのはチュニック、ヘルメット、ガントレットの素材です。
次のシールド、レギンス、ブーツについては、まだですね。シールドには超越後にPvP防御力5%あるので、PvP防御力100%到達問題も絡んでくるためにまだ実装できないです。次の戦場シーズンこそ、階級章を変更しないとオパ盾も実装できないですよ?運営さんファイトして欲しいところです


他国版ではチュニックがPvE攻撃力、ヘルメットがスキル攻撃力、ガントレットがPvP攻撃力を担当しているが、
その数値がしょぼかったような・・・・
このまま行くと、超越オパ防具セットに対して対人戦では明らかに劣る意味の乏しい防具実装になりそうです。
エンシェント防具であるために、錬成で移動速度をつければ足取り無しタウンが可能になるという意味はあるのですが。


今回の記事内容は装備品オプションの研究についてです。

皆さんさりげなく触れている装備品
オプションについては、なんとなく見つめているかもしれませんが、どういうカラクリでオプションがついているかは考えたことはありますか?

過去のロハンプレイヤーのブログ(今からすれば10年くらい前になるもの)などで見たことがあるのですが、
生産装備については、オプションを設定することができる個数が限られており、それも多くはないというのを前に見ました。

こちらのグレイスアクセサリとディバインアクセサリの実装告知につきまして
http://www.rohan.jp/news/notice1_v.asp?seq=5724
何故、ディバインブレスレットとディバインネックレスが訂正されているのか?

そもそもゴッドアクセサリ
http://rohan.jp/event/2016/1221_Christmas_Box/
何故ゴッドカノンの2部位にはHPアップがついていないか?

それは、生産装備の生産アクセサリ(生産防具)は、備えることのできるオプション項目数が「3個」と上限設定されているからです!
前に見たブログの内容によれば、「最上級などの等級も項目数に含まれているので、4個である」とかも見ましたね。

クリスマスアクセサリについては、物理防御力・魔法防御力などとせずに、「防御力」で統一すれば、円満にいったと思うのに、できない理由があったのでしょうか?


セット効果については、多分、項目の設定可能上限数というのはないと思います。

オパニエルの武器などの生産武器については、もうちょっと項目数が多いみたいですね。

超越オパクラブなどを例にとると、
知能、精神、体力、攻撃力が強化値と紐付けられる変動オプションであり、魔法攻撃力45%が固定オプションとなっています。

ここから先は、私の推測理論の話になります。

ロハンの基幹的ゲームプログラムはかなり古いものであり、組み換えることが容易ではないらしいですね。
そういえばWindows7が正式にサポート終了したのに、依然としてWindows10への公式対応を行おうとする動きが公式で見られませんw
公式サイトの推奨動作環境がWin7のままなのはちょっと・・・・

それゆえに、生産装備の基幹的プログラムなども、設計当初のままのものを、未だに流用していると思います。

ここからは生産装備とエンシェント装備を混ぜて語ります。というのも、エドウィン防具までは固定オプションがなかったのに、ベドロン防具以降は固定オプションが発生しているからです。

推察するに、武器、防具のオプションそれぞれに属性が定められており、

1.強化値と紐付く固定オプション
2.強化値とは紐付かない固定オプション
3.合成装備の場合、オプションストーンで付与される変動オプション
4.合成装備の場合、素材に由来する変動オプション

1と2については、装備が存在している時点で設定される、切り離せないものです。

カイザーオニキス防具を例にとると、
HP+300が2に該当するオプションであり、力や知能や敏捷が1に該当するオプションだと思います。

錬成イベント
http://www.rohan.jp/news/notice1_v.asp?seq=5682
※オプションはエンシェント装備、アレンダル武器に付与できますが、ペルケン、タリー、オパニエル、ゼノオパニエル、生産可能な装備には付与できません。
※オプションストーンで付与できる全てのオプションが変更されますので、既存のオプションは削除されます。


何故、生産装備には錬成を付与できないか?
カイザーオニキス装備に対して錬成を付与した場合でも、HP300と強化値と紐付くオプション(攻撃力、力、知能、敏捷など)は削除されずに残っています。削除したくてもできないからだと思われます。

多分、生産装備は装備の形がゲームプログラム内で既に完全規定されており、これは変更できず、これに対して変更を行った場合は装備がゲーム内に存在できない(エラーになる)みたいなものだと思います。

一度出された生産装備のオプションが、あまり変更されていないのは、生産装備の数値はいじくること自体が容易でないからだと考えられます。
(緑攻撃力の紫攻撃力への変更、ゴッドアクセサリの能力値上方修正はありました)

いじくる行為は、ゲームプログラムの組み換えを行うことになるため、ハードルが高く容易なことではないです。
(開発元では紫武器の能力が流石に高過ぎたので、プログラムを組み換えて下方修正を行った実績はあります)

特に、日本版独自アイテムであるゴッドアクセサリは上方修正ができたのに、
この前の年越しイベント 
https://www.youtube.com/watch?v=8hwsGIOFb6s
51:18あたりから
オパ盾の能力値変更がうまく行かなかったのは、日本版の運営さんがプログラムを組んだものは変更ができているが、
開発元から渡されているプログラムを組み換えることは、よりハードルが高いことを示唆しているのかも?


強化値と紐付くオプションは設定可能上限が限られているようです。
強化値と紐付いていない固定のオプションは定かではありません。

深淵の防具で言いますと、
HP+500(超越後+1000)が強化値と紐付いていないが固定のオプション
全能力値+5(超越後+10)が強化値と紐付いている固定のオプション

だと思われます。
これ以外に、ドロップ時にランダム付与される素材オプション、
それから合成を仕上げる時に使うオプションストーンで付与される玉オプション
が追加されると思います。

合成の玉オプションについては、過去にGDの二刀流用短剣のことで知っている人もいると思いますが、
これも上限個数が定められているが、かなり多いです。
実用上、障りになることはありません。

属性上、玉オプションと素材オプションが同じなのか別なのかはわかりません。

とりあえず~深淵の防具は、錬成(開催未定)で移動速度をつければ足取り無しタウンに参加でき、便利であるが、
超越オパ防具よりは対人戦で弱く、かなり微妙な対人パフォーマンスとの情報を得ています。

冒頭で述べたことを二度言いました。失礼しました。日本版の実装及び実装内容が楽しみですね!

テーマ : R.O.H.A.N
ジャンル : オンラインゲーム

最新記事
最新コメント
プロフィール

陽春(ロハン名:誠意大将軍)

Author:陽春(ロハン名:誠意大将軍)



Copyright 2020 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2020 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.




This Blog.
Since H30(2018) 9/24


メインキャラ:誠意大将軍 征服者50 プレデター

もなみちゃん 征服者50 プリースト
光のもなみ 征服者50 ルミール
あかねなう 征服者29 ドラゴンナイト ギルドマスターキャラ
覇皇  征服者9 バーサーカー
和合の王 征服者50 ウィザード
子午線の祀り 征服者50 スカウト
ノワールさん 征服者33 ノワール
フォルトゥナ 征服者50 ガーディアン
神崎様  征服者12 ウィザード
来栖川千歌音 征服者6 プレデター

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる