FC2ブログ

R1年(2019)7月20日タウン戦観戦モード(倍速再生推奨) これぞe-sports?

お時間のある人だけご視聴下さい。

令和1年(2019) 7月20日のタウン戦(観戦モード)動画です。

https://youtu.be/4BjI2_2cN60




流石に、1時間動画ってのは、YouTubeプレイヤーの二倍速を使っても30分になってしまうので、敷居が高いものと考えています

オ〇ニー観戦動画と言われても仕方ないですが、等倍速での再生もできるように公開したいので、申し訳ないです。どうかご理解をと。

YouTubeプレイヤーでの、2倍速再生を推奨します。


今回は、平日昼の力の戦場のパーティ会話、及びその他のことで、小耳にはさんだことがありまして、最近のタウン戦がどうなってるのか?
を確かめたい部分があって、観戦モードで動画を撮りました。

バトルされている方々のキャラクタースペック
凄い領域まで来たと思います。


今回は、私なりのこのゲームの状況解析・解説、それからアプデ予想も少ししたいと思います。


紅蓮コスチュームを着ているキャラクターは、普通に考えると他のPvP防御力要素も全て備えていると考えられるので、

紅蓮コス20% + 権能以上の宝珠20% +超越オパ防具セット30% + 超越タイトル10%

で、基礎的なPvP防御力が80%あることになります。

これに力の戦場の階級章のPvP防御力が上乗せされる。

ちょっと計算してみたのですが、力の戦場シーズン4が開始してから、皆勤して戦闘証明書を集めていても、27個という計算になり、
ギリギリで将校階級にはまだ上がれない計算になります。

今回は、主にロハンエリートである、精鋭中の精鋭である4人の猛者と、それと戦うギルド同盟をメインにカメラを回しています。

Orさん 紅蓮 PvP防御力80%
Akさん 紅蓮 PvP防御力80%
Moさん 冥王(推定) PvP防御力75%
Onさん 冥王(推定) PvP防御力75%

全員、紫武器を携行

システム上、コスチュームか防具のどちらかを表示しなければならないので、これで合っていると思います。


しかしスゴいですね。
皮肉や難癖ではなく、本当に努力して、ロハンを頑張っていると思います。
それの成果が花開いているのですね。


私は、逆恨み?w みたいなことからタウンに取り組み始めましたが、今じゃもうそんなことする理由もほぼなくなった?気もしますし
タウン戦に出場する理由が今のところなくなりましたね。
むしろ、どの面下げてタウンに出ていくのかというw
これからはタウンからはフェードアウトして、力の戦場オンリーの参加になるのかな~
(開発元では、タウン戦に関連して戦闘証明書の配布があるような変更があった気がするので、そうなると困ります)

それとしても、デイリーでシルバの足取り上級が取れなくなったのは、痛いことだと思います。
タウンで足取りを使うことは、事実上の課金強要ですからね・・・・


ところで、オパニエルのシールドの実装予告が3月にあったのに、なぜ未だに出ていないか?

http://rohan.jp/Event/2019/0306_update/

について、考えたことはあるでしょうか。

日本版のロハンは、他国にはない独自のリサイクルコスチューム(PvP+)を出してしまったので、

それにより、オパニエルのシールドを実装する場合、現状の理論上最高PvP防御力95%から更に5%アップして、100%になるのです。

流石にそんなキャラが登場したら、いくら放置運営でも問題だと運営さんは考えているようで、それがゆえに3月に実装予告をしておきながら、未だにオパシールドは登場していないのだと思います。

盾用精霊石、超越ガーダー精霊石も出てないのは、単なる手抜かりでしょうかね。

オパニエルのシールドを出すためには、必要な措置というのがあって、
それはおそらく、力の戦場の階級章のPvP防御力のスキル攻防力への置き換えだと思うのですが、
ひたすら放置されて、今シーズンも変更されていないようですね。


動画のバトル内容に話を戻します。

精鋭4人と、戦っているギルド同盟(以下、同盟Sという)ですが、
精鋭4人が、ロハンを本当に頑張ってPvP装備を揃えた精鋭中の精鋭であるのに対して、
同盟Sの方は、もちろん精鋭もいますが、PvP装備がそれほど普及していないようですね。
頑張っていないなどという失礼な言い方をするつもりは毛頭ないですが、日常生活にリソースを取られる中で、限られたリソースをロハンに充てているということでしょう。

紫武器を持っているのは、BuさんとMeさんかな?

今回のタウンでは、精鋭中の精鋭であっても、4人では、同盟Sの人数が多いので、全ての対戦で勝つということはなかったようですね。どちらが勝ち越しているかなどについては、カウントをしていないのでわからないです。(カウントするのも無粋?)
もちろん、たった4人で、あれだけの人数を相手にできるのが、凄まじいことなのですが。

ただ、今後、力の戦場の階級章が上がって行くと、形勢が変化する可能性が高いです。(精鋭4人側に有利に変化)


メモ1.PvP防御力は、全ての『直接攻撃』により発生するダメージに適用される。直接攻撃に含まないものは、DOTダメージであり、リアブラスト、ブラックサイドオブライト、ワイドポリューションなど、ダメージログの出ないダメージである。
メモ2.PvP防御力は、カウンターなどの反射ダメージには適用されない。(確認はかなり前)


強いノワールのリアブラストは、PvP防御力無効、スキル防御力有効、防御スキル有効(オブリゲーション、ヴァインプロテクション、ゴーストアロー等)なので、
ガーダーの登場で、いくらか勢いを削がれましたが、超高PvP防御力の相手にダメージを与えるには、有効な手段だと思います。

残念なのは、リキャストが持続時間と同じ300秒あることですね。(開発元では4秒のはず)


非常に簡単な数学(算数)の話なのですが、
現在は将校階級にもまだ上がれないので、PvP防御力80%の紅蓮のキャラクターですが

将校階級になれば、85%  被害ダメージ率は現在比で3/4
軍団長になれば、90%    被害ダメージ率は現在比で1/2
司令官になれば、95%   被害ダメージ率は現在比で1/4

また、白キツネを呼んでいる場合には、実際に発生したダメージから、更に30%をHPに還元します。(直接攻撃によるダメージのみ)

司令官の季節になったら、また観に行くかも?しれません。


まずは、7月のアプデですね!
深淵の武器だけなのか、それとも何か付随するものが来るのかな?っと
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : R.O.H.A.N
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
プロフィール

陽春(ロハン名:誠意大将軍)

Author:陽春(ロハン名:誠意大将軍)


Copyright 2018 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2018 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.




This Blog.
Since H30(2018) 9/24


メインキャラ:誠意大将軍 征服者50 プレデター

もなみちゃん 征服者50 プリースト
光のもなみ 征服者50 ルミール
あかねなう 征服者29 ドラゴンナイト ギルドマスターキャラ
覇皇  征服者9 バーサーカー
和合の王 征服者50 ウィザード
子午線の祀り 征服者50 スカウト
ノワールさん 征服者33 ノワール
フォルトゥナ 征服者50 ガーディアン
神崎様  征服者12 ウィザード
来栖川千歌音 征服者6 プレデター

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる